自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

腎盂腎炎って!!!

ちょうど、1週間前の土曜日。

朝、3時を過ぎてから
左の脇腹と言うか背中が痛み始め
4時過ぎには
主人と岳が寝てるダブルベッドで
一人のたうち回り。

病院の救急外来に
朝方5時に受診しました。
病院に着くと痛みの余り
歩くことも、ままならず
車イスに乗って移動。


思えば、2週間位から
膀胱炎っぽくて市販の薬を
飲んでいたけどなかなか
スッキリしないなぁと思ってた矢先。

痛いながらも、スマホで
調べると
どうもこの痛みは、腎盂腎炎
っぽいと思い
問診の際に伝えたのです。

先生の受診まで
待ってる待合室で
痛みから車イスにじっとして
いられず、待合ソファーに横になり
主人の後ろで呻いていました。

そして、この時位から
だんだん寒気がしていました。


先生の診察後
採血、CTまで撮影して
結果が出るまで点滴をうけながら
待っていました。
この時には、少し痛みは
治まってきていましたが
地獄はここからでした。



結果は、腎臓には結石もないし
現時点では問題ないので様子をみて下さい
とのことで、痛み止めをもらい
診察終了。。。
腎盂炎では?と聞いてみたものの
特に問題はないので
体調がまた悪かったら受診して下さい
と言われ自宅に戻りました。


痛みは、少し治まったものの
帰ったのが午前10時前後。
その後、食欲はなく
とりあえず、横になりました。
その間、岳は朝も早く5時前から
下の階に住むお義母さんに預けて
出かけていました。


地獄は13時頃からやってきました。
病院時から寒かった悪寒はピークに達し
ガタガタして、本人の意思とは無関係に
声が漏れ

「 寒いよ~!!!
あわわわわ~、ひいいいいい~。。。。 

さ~~ むぅ~ い~~  」


毛布持ってきて
布団持ってきて
と次々に温かくしても
ガタガタ、ブルブル。。。。
この時点では、寒くて震えているので
体温は測れませんでした。


余りの酷さに主人が布団の上から
暫く、抱っこしてくれていたほど。
慌てて痛み止めにもらっていた薬を飲もうと
体温を測り
39度
超えていてびっくり!!

しかし、薬飲んでもすぐには
解熱できず、まだまだ熱はあがり
40度
超えました。

薬を飲んで1時間すると少し
解熱で楽になあるのですが、これが
夜にまた発生し
薬の間隔をなんとか6時間は
開けて飲むということをやって
みたのですが。。。

インフルエンザでもなければ
風邪でもないので
発熱後、発汗して解熱したら
治るかというと全く違い

解熱剤が効いている間だけ
熱を下げているだけなので
次に熱が出ても40度を超える始末。

そして、薬を飲みたくても
熱が上がり始めると
倦怠感と悪寒から全く身動きできず
トイレはもちろん起き上がることも
きつくて暫くは起き上がれず
ベッドに縛られる形になってしましました。


突然薬がきれて
ガタガタになってしまう前に
解熱剤を飲もうとするのですが
間に合わず、毎回40度超えの恐怖
を味わいました。

その間、本当にきつくて
何も食べたくなく
解熱中も発熱中も
きつくて、だるくて
胃も痛む、背中は痛い


土日だったこともあり
病院には受診せず過ごしたので
月曜の朝まで6回程
40度超えの発熱をしました。


主人は、食べない、水分も
なかなか取らないので
心配して
ポカリやフルーツゼリーや
コーヒーゼリーなど
何とか食べさせようと買ってきて
くれたのですが
土日は殆ど口にすることは
できませんでした。


そして、月曜の朝
なんとか準備して個人の泌尿器科に
受診したところ
受診時にガタガタ、ブルブルがやってきて
待合ソファーにて

「 さ~むぅ~い~!!!
あ”~~~。。。。う~~~。。。 」

ってうずくまり、診察順番は
繰り上げてみてもらいました。

何とか、検尿して
車イスにて
診察室へ。。。


腎盂腎炎です


入院するね?
と聞かれたのですが、岳も事が気になり
外来での通院をお願いし

じゃあ、先生は
抗生剤点滴ね
今週毎日きてね。

あと、お風呂はシャワーで
家では安静。
家事はしちゃだめよ!!!

と念を押し
500mlの点滴をうけたので
てっきりこれで、発熱しなくなると
思っていたのですが

これが、なんの。。。。


点滴終わって、少し食べれるように
なったので
自宅でおかゆを食べると
13時過ぎに
やってきたガクガク、ブルブル。


とうとう41度を超えました。

こうなると、人間って体温どこまで
あがるのかな?
とか馬鹿な発想さえ浮かんでくるように
なりました。

火曜には、採血結果を見た先生が

白血球が21000
普通の2倍以上にあがっとったよ!
CRP(炎症反応)は6
普通は0.3位だからね。
きつかったろ?

と先生から労いの言葉さえ頂き

家事はしたらだめよ
安静にして!!!

と念を押されましたが

月曜から水曜までは
毎日38度超えを2回づつ
繰り返し
木曜は1回、
金曜はやっと発熱なしで
病院には本日土曜日まで
毎日点滴に病院受診しました。


名前は聞いたことありましたが
腎盂腎炎
壮絶にきついです。


思えば、膀胱炎になる前から
9月半ばから風邪を引いた後も
副鼻腔炎になって頭も頬も痛いと
体調が弱っていたようです。


子育て中に
後少しで子どものご飯が
食べさせ終わるとか
もう少しで料理が。。。
とかあると思いますが
自分の体の声を無視しないで
ちょっと待って!!
てしないでくださいね。


この病気の間、いろんな思いが
よぎり、一人泣いたことを
明日は記載したいと
思います。


by wanwanharuumi | 2016-10-22 11:25 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)