自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

おもちゃは家の中に溢れている!!!

出産後、赤ちゃんが手に
何かを掴むようになると
その行為を促そうとして
早速おもちゃを見にでかけます。

そう、周りの大人は
ママも含めおじいちゃん、おばあちゃん達は
可愛い我が子や孫の為に
喜んでもらおうと
おもちゃを買いに出かけます。


でも、実際に子どもに遊んで
もらおうとすると
ほんの一時期だけだったり
飽きて遊ばなかったりします。


基本、研究されているおもちゃとはいえ
大人が子ども向けに作っているものです。
子どもは、自分の気になるもので
遊びます。

しかも、自分のお気に入りであれば
飽きることなくずっと。


岳は、ビニール袋や紐が大好きです。
紐って、家の中にそんなにあるかしら?
と思っていたら。。。

f0369637_15443971.jpg

沢山あるんですね。
まず、配線のコード、電源コード等。
もう、ありとあらゆるコードを
引っ張るもんだから
物が落ちてきたり
折角、きれいにしていた配線も
たるんだり。
物がある場合は、場所を変えたり
危険防止対策が取られます。

また、ロールカーテンのカーテンをおろす紐
も大好きです。


おもちゃより、紐のほうが
よく遊んでいます。


最近のお気に入りは
ボールと泡立て器。
叩くと、音がするし
泡立て器はくわえても
ささったりする構造では
ないので、安心です。
f0369637_15451322.jpg

子どもは、ママをよく観察しているので
ママの使う道具は大好き!
そして、自分も触ってみたいと
思ってるみたいです。

f0369637_15454030.jpg

こんな、ゴミ!
と思っているものが
充分、おもちゃになるのです。

触る、叩く、なめる、色々なことをして
学習しようと
子どもは自分で遊びを見つけるようです。

その遊びの中に
沢山の学習が含まれていて
記憶として残っていくのです。


だから、つい子どもが喜ぶと
思っておもちゃを買ったり
しがちですが
家の中にあるもので充分に
遊べるので沢山の物を触らせて
あげて下さい。


私も、よくやってしまうのですが
食事中も
手が汚れたらすぐ、
回りが汚れないように
拭いたりします。
でも、食べ物で汚れた手を
自分で舐めてみたり
眺めてみたり
これが、とても刺激になったり
手を動かす練習になっていたり
大事なことなんです。


舐めると、バイキンが。。。
とか、思って除菌シートできれいにされている方も
多いと思いますが
きれいにしすぎると
子どもがバイキンに抵抗力が
なくなってしまいます。


ほどほどにして、口に入れさせる
という事をしていないと
食べ物を自分の手で口に入れる
という事に結びつかずに
なかなか、自分で食べないという
事にもなりかねません。

ママは、汚れるのも
覚悟してたまには
食べ物を触らせたりしながら
ご飯をやってみるのも
大事ですよ。


子どもは、遊びの天才!!
っていいますけど、本当に
勝手に自分で発見したりしますので
おもちゃの買いすぎには
注意です。

まずは、家の中にあるものを
沢山触らせて
遊んでもらいましょ。


そのうち、子どものほうから
あれ買って。。。
これ買って。。。
と言われるようになるのですから。









by wanwanharuumi | 2016-11-24 15:46 | 子育て | Comments(0)