自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ダウン症家族のコミュニティ

今年、3月に初めて
ダウン症のママ友に
お会いしました。

岳は昨年9月に産まれ
半年はママ友にお会いする
機会もなく
病院と助産院さんに通う
生活をしていました。

他のダウン症のママ達って
どんな感じで育ててるんだろう?
て思ってました。

生後1,2か月は不安が一杯で
でも、悩んでいる時間もなく
ママとしてのオムツ替えや
ミルク(授乳)等で
日々追われて不安解消の
糸口等見当たりもせず
精一杯過ごしてきました。


ですから、ママ友に初めて
お会いした時には
話たいことが沢山あり
自己紹介と
療育について
その他申請方法等
時間はあっという間に過ぎて
しまいました。
なにより、安心感があり
最初にお会いしたママ友さんは
今でも仲がよく心強い味方です。

先輩ママはこれから先に
何をどのように申請したらいいのか
どうしたほうが
やりやすいのか
丁寧に教えて頂けました。
しかも、その先輩ママさんは
保健師さんに

「 この地区でダウン症の
赤ちゃんが産まれたら
ぜひ自分に繋いでほしい 」

とまで言って頂いていたので
お世話の行き届く
バイタリティに溢れる
頼れるママでした。

また、少し大きくなった
子どもさんを
見ることでどれだけ
安心できたことか。
そんな方にお会いできたのが
本当に良かったです。


そして、初めて一緒に
お会いしたのが
もう一人。
岳と誕生日が1か月違いの
赤ちゃんのママだったので
最初から意気投合させて頂きました。



その後は、小さなことでも
情報共有することで
病院ではもらえない情報で
安心することができました。

その時、これだけネットが普及
している時代なので
うまく情報発信
できたらいいね!!
て話をしました。



確かに、私もママ友ができて
不安な事や現状を話すことが
できるようになって
育児書より心強く
頼りになりました。



その思いがずっとあり
色々検討していましたが
FBに非公開グループを
やっと今回作成
することができました。



実際に、色々な専門家から
話を聞けるともっと安心に
繋がるよな~
と思いましたので
グループには
ママ友だけではなく
医療関係者
施設の支援者
リハビリ、助産師
社会福祉士、保健師等
ケアサポートできる方達からの
協力を得ることができました。
過去に私が仕事でお世話に
なった医療関係者の方にも
ご協力頂いております。


グループを非公開にすることで
投稿内容については
メンバー以外からは
見えないようにして
安心できる環境で
今後のコミュニティになればいいなぁ
と思っております。


今までに、Lineグループで繋がって
いたママ友とは
携帯を変えると過去の
内容が消去されてしまったり
新しくメンバーになった方が
いるとそのたびに
自己紹介をして
色々紹介漏れをしたりと
環境が不十分でしたので
今回、FBにて作成しました。

また、Lineの中で
離乳食の進捗具合を
ママ友に聞いてみたり
点滴後に体や顔が浮腫んだこと
があるかと問い合わせてみたり
そんなお悩み相談にも
なっていましたので
今後のFBのグループも
そうなっていける事を
願っています。


作成したばかりで、
至らない点もあると思いますが
メンバーにて盛り上がる状況を
作っていけるといいなと
思っておりますので
お気軽にご意見いただけると
嬉しいです。


グループ名は
ダウン症家族の為の
育児ケアサポート
コミュニティ
です。


ダウン症のご家族がいる方は
グループに追加申請頂くか
岩永晴海
私宛にメッセージ下さい。

私が今回管理者になっていまして
こちらでの承認後にメンバーに
なるようにしております。


また、関係者になる方については
私個人宛に
メッセージを頂けると承認しますので
どうぞ、よろしくお願い致します。


安心できるコミュニティに
したいので
最初に皆様には自己紹介頂くように
グループ内に案内しておりますので
ご協力お願い致します。


このような思いで
立ち上げた
グループです、
今後、私にとってもですが
皆様のお役に立てる事を願っております。





by wanwanharuumi | 2016-12-03 18:03 | ダウン症 | Comments(0)