自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

頭の整理をしてゴミ捨てしましょ!

家のリビングにあった
ソファーが無くなったら
こんな広かった。
f0369637_12005212.jpg

大きめの家具等はなかなか
移動させることも
ないし、処分したりすることも
まれだけど
無くなってみると
かなり広いことに気づく。


今は、断捨離して物を少なくして
過ごす方もいいるけど
本当に必要か?
考えてみるのは大事な事。



でも、自分の頭の中も
断捨離が必要な事がある。


なんだか、もやもやしている
でも、何が原因かわからない。
あっという間に時間が過ぎていくので
考えている時間なんてない。。。。


なんか、ひっかかる事が
あったし、気になるけど
と思いながら過ごしている。

きちんと自分と
向き合っているだろうか?


自分にきちんと向き合えていなければ
他人と向き合えるはずない。


沢山の事を考えると
余計にまとまらないので。
それは、仕事も同じ。
まずは、目の前の一つの事
に集中して
考えてみる。


なぁなぁにしていても
いつまでも
前にも進めないし
今までとなにも変わらない。


私は、離婚経験があるが
自分と向き合わないうちは
ただただ、なんか嫌だ!
とか、なんかイライラする!
と思っていた。


友達に愚痴を言って
終わっていたが
次第に自分と向き合い
どうしたいのか?
どんな関係でいたいのか?
そもそも、一緒にいたいのか?
等、ひとつひとつ丁寧に自分と
話し合うというか
自分の気持ちに気づいていくと
残念な結果だが
離婚という選択肢を選んでいた。


本来、結婚したからには
生涯添い遂げる
という思いが強く
別れてはいけない!
と思っていたから
自分がこの人とは
やっていけない
という思いに気づくのに
とても時間がかかった。


それだけ、自分の気持ちを
理解していなかった。
結婚に求めるものは
人それぞれ。

でも、年齢も35歳を過ぎてからの
最初の結婚だったので
結婚というもの
憧れがあった。
結婚したかったのだ。

本当の私は
一人もいいけど
二人でいると
毎日楽しく、笑って沢山の事を
話して共感しあって
過ごしたかったのだ。
最初は、自分の本当のその
願いに気づかなかった。


この人となら、無難に生活できると
思って選んだのだが
二人でいても
最初からなにか
うまくコミュニケーションができない。
かなり、私も
うまくいかない事ばかり
していたのだが。。。
その時は、自分の仕事も
忙しく、毎日午前様に近い帰り
だったりしていた。
きちんと掃除、洗濯、掃除していれば
妻としての責任は
果たしているだろうと
どれだけきつくても
きついと弱音もはかずに
毎日お弁当も作っていた。


自分がきついとか、
お弁当は作るのは面倒とか。

まずは自分の思いに気づいて
話をしていたら違った結末
だったのかもしれない。
と今頃思うのだ。

そうならないように
今は、自分の気持ちに
気づくように
しているのだが。


今回、部屋のソファーが無くなった
部屋をみて
自分の心の隙間はちゃんと
あるだろうか?
自分の気持ちに気づいて
整理できているだろうか?
と問うてみる。


自分の気持ちに気づくには
やはり一人になることが必要。
紙に気持ちを書き出すのもよし。
ドライブに一人で出かけるのもよし。
一人で散歩するのもいい。


もし、一人で難しい時には
カウンセラー等に話を
聞いてもらうといい。
カウンセラーというと
まだまだ、抵抗のある方も多いが
海外では、病気だからとか
いう事ではなく
気持ちの整理をするために
沢山のカウンセラーがいる。


カウンセラーに解決してもらうのではなく
聞いてもらう。
ようは、自分の気持ちを
吐き出してみると
解決の糸口は自分で見つけることが
できるのだ。
基本的にカウンセラーは
答えをくれる訳ではない。
ただ、自分の話を聞いてくれて
頭の中の自分でも気づいていない
気持ちに気づかせてくれる。


そうやって、風通しのよい
環境を自分で作るのだ。


もちろん、自分一人で
できる人は
紙に書き出すとか
時間をとって考えたりして
やればいいことなのだ。


頭も、私たちの日常と
同じようにゴミがでてくるので
いらない物は
整理して、たまには
いらない感情は
なくして風通しをよくしておくと
その後の判断も生活も快適。

自分の気持ちに隙間を作って
余裕を持つことって大事ですね。


そんな、気持ちの整理の
お手伝いします。
特に、子育て中のママは
自分の気持ちなんて
考える時間も余裕も
ないのに、やることはいっぱい
ですから。


お気軽にご連絡下さい。

お問い合わせ、申し込みはこちら。
sora12815017@gmail.com




by wanwanharuumi | 2016-12-12 12:03 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)