自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧

今どきの入院って。。。

早いもので幸也はそろそろ
5か月になります


岳とは、授乳の力や量も
そして泣き声や泣くタイミングも
全て違い
余りにも違い過ぎて。。。


まるで、初めての子育てのようです
あたふたというか
てんてこ舞いです





そんな幸也は
1か月たたない時に
入院してしまった強者です



ちょうどその日は
皮膚科受診

夏だったので
車での移動で体に熱がこもったのか?
と思い熱中症???



エアコンの効いた部屋で
裸に近い状態にしても
熱は下がらず


だんだん不安になってきて
慌てて救急で日赤受診



赤ちゃんって
半年位は母親の免疫あるから
病気しないっていうのに。。。
皮膚科受診の為に
車に乗せたのが悪かったのか?

とか思ってハラハラ


機嫌は悪くない
母乳も飲んでるけど
熱が下がらない


この時点で38度5分!!


病院に行くと
1か月位といっても
小さく産まれていたので
その時の体重は3200g位


その状態で採血の為に針をさされ
点滴をするので手は固定


f0369637_22053935.jpg



それだけでも見てるのは

辛い。。。




そして、先生は1か月位の乳児で
発熱するのは重症化することも
考えられるし、髄膜炎を疑うから
髄液検査をしたいのですが。。。


と先生




え????
髄液検査って、脊髄の中の髄液を
採取するんですよね?

それって、採取することのほうが
リスク高くないですか?




と、逆に質問すると

そうです
リスクがあるので
了承を得てからになるので
このように説明しています



いやいや、髄膜炎なら
ぐったりしてたり、意識がなかったり
他に症状がありますよね?
現時点で幸也は
機嫌もいいし、意識もはっきりしてるし
検査はしません!!



とお断りしました


消去方で、検査の結果
その病気ではないということを
証明する為
検査するのに
色々なリスクがある脊髄に針を
刺すなんて

ありえない!!!



と心の中でいいながら
いや、口からダダ漏れでしたけど。。。


この時は幸也を守れるのは
私だけ
と思い、強気で拒否しました



すると、先生も負けじと
じゃ、採血の結果で
炎症反応が高かったら、何かしらの
炎症が体内で起きてることに
なるのでその時は
髄膜炎も疑うので
検査します


と言われるので


それは、仕方ないですね
と受けいれました




なんせ、出産後初めての
病院受診

岳の入院等で
培った知恵と知識を
フル活用して


発熱のみで
ご機嫌なので
なんだろう???
と思いながら、心配でしたが
とりあえず経過観察で
入院になりました


f0369637_22012117.jpg


検査結果は








炎症反応なし
よかった~(*´Д`)


とひと安心
先生も不思議そうでした
とりあえず
髄液検査は
しなくてよくなりました


で、結局翌日の夕方に
やっと熱が下がり
2泊3日で退院しました






看護師さんからは
最近多いのよね~
たぶん、ウイルス感染だろうけど
なんの感染かはわからないのよね


と話を聞いたのですが。。。
抗生剤は、炎症時の細菌には
効くけど
ウイルスには効かないとのこと





1か月検診時に小児科の先生に
話をすると




あ~!!
ウイルス感染ね。よくあるから


ってあっさり言われました





え???
そうなの?


よくあること?
驚きました



それなら、早く教えてくれよ~
めっちゃ心配したのに。。。


先生や医療者では
当たり前とよくあることでも
一般人は知らないんだから
もう少し説明もしっかりしてよ!!


と思った出来事でした













[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-13 03:11 | 子育て | Comments(0)