自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧

2016年 09月 14日 ( 1 )

柔らかい体

ダウン症は低緊張で体が柔らかい

足の開脚は180度を超える位
開くことができたりします。

体が柔らかいと一般的に
いうと柔軟性が高い事を言いますよね。
足の開脚ができるとか
前屈したときに手が着く等。

しかし、ダウン症の子達は
低緊張で筋肉そのものが触った感じは
柔らかいのですが
わかりやすくいうと
筋肉が弛んだゴムの状態。

弛んでいるので、動きだすまでに
ピンっと張ってから
動くので、体を動かすのに
時間や体力が必要なんですね。


だから、重力も一般の人より
2倍、3倍に感じているようです。
触った感じが柔らかいのは
低緊張の筋肉の感触。
筋肉が弱いといわれるのは
その為です。

弱いわけではなく、低緊張なんです。

また、筋肉の質そのものも
ダウン症の子は柔らかいみたいです。

柔軟性と低緊張は別物。
てっきり、同じ事を
言っているのかと思っていました。


低緊張はリハビリでかなり
改善されていくようです。

リハビリは、無理しても
苦痛なだけなので
楽しくがモットーです。
そうやって、現在
リハビリに笑顔で通ってくれています。


f0369637_17475632.jpg



by wanwanharuumi | 2016-09-14 17:50 | ダウン症 | Comments(0)