自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:ダウン症( 39 )

3か月ぶりに
岳の心臓に定期健診に
行ってきました


岳は心臓に穴が空いていて
その穴が弁にかかっているので
弁が不完全なのです


その為、心臓の中で逆流している
血液があります
ダウン症には
心疾患が多いので
色んな症状の方が
いますよね



岳は今のところ
薬の服用で
逆流しないように
血管を拡張させています

その為
定期的にその逆流が
増えていないか?
その逆流の為に血液不足により
心臓が大きく
肥大してきていないか?
等を診てもらっています



検査は胸部のレントゲンと
心臓の超音波


この超音波が問題で
じっとしていないと
先生が検査できないので
眠ってから行います


自然に寝るのは
難しいので
睡眠薬を飲むのですが

子どもって敏感ですよね

検査の為に寝るって
難しいですよね
ざわざわしていて
知らない人がいるところで
普通寝ないですからね


気配を察知して
昨日も寝てくれません




14時の診察だったので

午後から保育園の
お迎えに行ってから移動

病院まで1時間位かかるので
その間に寝てしまいました




その時点で
今日はダメだ(*´Д`)

寝てくれないな

とは思っていましたけど
こんなに寝ないとは。。。



病院に着くと
ちょうど目が覚めて
1時間位寝てたので
そりゃ~寝ませんよね


その為、病院では
液体の薬を飲むのですが
先生に

今まで移動で1時間
寝てきたことを話

薬は多めに出してもらって
岳に飲んでもらいました


暫く静かにしていないと
眠くならないので

まずは、時間稼ぎに
目の前にある郵便局で
用事を済ませて
その間、抱っこして移動


次に
産まれた時にお世話になった
NICUに顔見せにいって
看護師さん達からも
寝るように
促されてました


目は虚ろで眠そうなのに
何故か必死に耐えて
寝ないんです


じゃ、そろそろ
薬も効いてきてるし
外来に戻って
待っていると
患者さんが1組位になってました


看護師さんから


授乳室使ってください
電気が消えるので
寝るかもですね!


と言われ授乳室へ


ドアを閉めると
真っ暗になるので
暫くじっとしていると


やった~
何とか寝たみたい(*´Д`)

寝息を確認して
いざ外来に戻ろうと
抱っこしたら




あれ~( ゚Д゚)
目が覚めた!!!



それでも、背中を
ポンポンしていると
寝てくれるので
授乳室で暫く
抱っこしてみたけど

何でしょう?
グラングランしながら
起きてるんです


眠そうなのに寝ない
目はトロンとして
閉じかかっているのに




その後、外来に戻ってみると
気が付けば
患者さんは
誰もいなくなってました



あ~
早く寝てくれないかな~

こんなに眠そうなのに
何故、頑張って
起きてるんだろう?


て不思議になってきました




超音波の検査室は
暗いし、後は誰もいないので
お部屋で寝かせてください

て看護師さんに言われて


もう、何時になってもいいや~

とあきらめモード



ベッドの上で
寝返りをするので
落ちないように
抱きかかえながら
ポンポンしてました

薄暗い中
流石に寝息が聞こえ始めて




( ´Д`)
やっと寝た~



結局17時になって
やっと寝てくれて
それから検査!!


f0369637_22313104.jpg


検査は15分位で
先生からの説明を受け
終了



結果は

特別に悪くなったりは
していないので
現在の薬を
継続しましょうとのこと


日々、元気に
動きまわってるし
問題なくてよかったです




体力もついてきて
周りの状況もよくみて
なかなか寝てくれないですね



お陰で17時から寝て
薬も飲んでるので
全く起きなくて


調剤薬局でお薬をもらって
1時間かけて
家に帰ると19時過ぎ



岳も寝たままだったので
食事なしで
パジャマに着替えさせて
寝せました



夜中は起きなかったけど
5時から起きて
流石にもう
寝てくれませんでした





今日は、一日
私が疲れました
昨日の移動と
朝5時起き


朝から岳を主人に
送ってもらってから
2度寝しちゃいました(#^.^#)







[PR]
by wanwanharuumi | 2018-01-18 12:25 | ダウン症 | Comments(1)

足でも蹴れるよ

岳がボールで遊んでいると
今まで手だけで
投げたり、転がしたり
していました


しかも、少しずつ
上手になっていくんですね



振りかぶってなげたり
わざとまっすぐじゃない
所に投げてみたり。。


ボールの大きさも
最初は片手で握れなかったのが
握れるようになったり



ひとつひとつ
できるようになるのが
確認できる


成長はゆっくりだけど
なんでもできるように
なっていく


そこには、教えたり
一緒に遊んだりする時間が
普通の子より
多いけど。。。



できた!!


て喜んでるけど
最初から
できない
というか
できるようになるという
思いがない


ないというのは
嘘になるが


岳をできるだけ
ありのままを
受け入れるように
している


親が勝手に期待して
期待通りにならなくて
ショックを受けたり
失望したりというのは


親が勝手に抱いた
感情であり
岳は岳のペースで
成長している




そう、思っているのに
いざ幸也や他の人
また、自分自身に対しては
勝手に期待して
失望したりしている自分がいる


そして、その事に気づいても
やっぱり期待したり
この位はできるでしょ
と思ったりしていることがある


そう思うと
誰かに失望とか
期待って勝手にしているだけで
されている相手は
うっとうしいだけなのかもしれない



いつでも
誰を見るにしても
自分自身も
そのままを見るように!!


そこから
成長をしていく事だけ
見つめていきたい


と思うこの年始(*^^*)




そうしていると
岳は

なんと。。。。


ボールを足で蹴ってた!!

f0369637_22391765.jpg


以前にお兄ちゃんが
岳に教えてくれていたけど
いつのまにか
足を使うことができてた


f0369637_22393652.jpg

保育園でのことなのか?



どこで覚えたのか
わからなくても
できるようになったのは
びっくりだし
できる事に感動

f0369637_22395825.jpg


やっぱりできるようになるって
嬉しい(*^-^*)





[PR]
by wanwanharuumi | 2018-01-15 11:40 | ダウン症 | Comments(0)

歩行器を使って

ちょうど一年前
やっと歩行器を使って
歩き始めました

まだ、立っているのも
やっとで
歩行器をうまく使えなくて
先生に支えてもらって

足は自分で出せないので
先生に足を出してもらう
という状態でした

歩行器につかまってるのも
よろよろしていて
これで歩けるのだろうか?
と少し不安だったけど

初めて歩いたことが
嬉しくて沢山写メを
取ったのを思い出します


f0369637_23371557.jpg


そして、年末のリハビリ日は
歩行器がなくても
歩けるようになったのに
敢えて歩行器で歩きたい
岳の要望で

歩行器のところに行って
自分から歩行器を持って
歩き始めました

f0369637_23382597.jpg


1年前と比べると
顔つきもかなりお兄ちゃんに
なりました

あどけなさが消えて
赤ちゃんじゃなくて
幼児になってきました


最近は、歩くことそのものが
楽しいみたいで
靴を履くこと
一人で自分の行きたいところに
行ける事
嬉しいみたいです


岳は本当に好奇心も旺盛で
自分でなんでも
やろうとしてくれるので
この1年で
色々な事ができるようになる
歩く姿もだいぶ
上達しました

保育園で同じ年の子と
遊んだり
年下の子が
先日まではいはいしていたのに
歩いていく姿をみたりして
とても刺激をうけて
成長したみたいです


歩くことが少し
安定してきたので
階段も手すりがあれば
自分でなんとかあがっていける


階段の登り降りは
片足で全体重をのせるので
難しいのですが
だいぶ可能になってきた
みたいです


まだまだ
膝を曲げて
まっすぐ歩くのは
難しいので

膝が伸びたまま
歩いたりしますが
沢山歩くことで
安定するようです



これから、散歩したり
外出が増えてきそうです
楽しみに半分
着いていけるか
心配半分です😁✋









[PR]
by wanwanharuumi | 2018-01-06 16:44 | ダウン症 | Comments(0)

一緒にリハビリ

今年最初のリハビリは
岳の従妹の女の子と
一緒に行ってきました


ひとつ年上の女の子で
実家に行くと
よく会うので遊んでるのですが
一緒にリハビリに行くのは
一年ぶりくらい


3歳の女の子なので
リトルママ。。
岳の面倒をよく見てくれます


岳は車から降りて


じっとしてて!!


と言ったそばから
手を振り切って歩こうと
するのですが

それをちゃんと止めに
入ってくれたり
手を繋いてくれたり



一緒にリハビリといっても
最初はボールプール


従妹も最初はおっかなびっくり
だったのですが
だんだん慣れてきて
一緒に遊んでました

f0369637_21480392.jpg

リハビリの先生は
とうとう二人をベビーバスに
入れて揺さぶってくれました


先生の体力に圧倒!!


f0369637_21482896.jpg


そして、移動して
トランポリンで飛んだり
マットに挟まれたり
するんですが


ここでびっくり( ゚Д゚)


岳さんいつもよりテンション高い!!
楽しいんでしょうね


従妹と一緒に
やれることが
嬉しいのか。。。


先生にいつも

もう1回!!

てお願いするときは


岳は人差し指を1本あげて
もう1回ってニコニコしながら
アピールするんですが
今日はそのタイミングが早くて


まだまだ、やれるよ


とアピールしているように
感じました





一緒にいる姿をみると
まだまだ体幹も
しっかりしてないので
トランポリンも立って
飛べないし
違いを実感するんですが


一緒に色んな動作をすることで
岳なりに
刺激を受けて




今日は立ってトランポリンが
できました


同じ子ども同士の刺激って
凄いですね




親と一緒では
見られない成長でした




二人一緒で楽しかったのか
時間がちょうど14時から
だったので
お昼寝なし。。。



その流れで、お風呂、ご飯


すると、二人とも疲れたのか
18時半には
寝てしまいました


夜が親としては
ゆっくりできて
嬉しい反面
明日の朝が早いのでは
ないだろうか?

と心配しています(*´Д`)




[PR]
by wanwanharuumi | 2018-01-05 21:49 | ダウン症 | Comments(0)

岳は2歳になりました

幸也の育児中で
お誕生日の記事が
かけてなかったのですが。。。


岳は、9月に2歳になりました


早かったような
遅かったような。。。。


岳が産まれた時は
1500g以下で
初めて見た時は

小さすぎて抱くことが
できなかったんです


しかも、保育器にいるので
触るっていっても
指でツンツンって
つつくようにして
私の指も
やっと握ってくれる位で


壊れるんじゃないか。。
突然、心臓が止まるんじゃないか?

と思ってました

さらに、ダウン症の告知を
うけたのは
その後だったので
小さいだけじゃなくて
大丈夫なの?

なんで、私の子どもが????

頭は真っ白だし


この子はいつまで
息をしてくれるのだろうか?
大きくなるんだろうか?


最初のうちは
私が小さく産んで
10か月お腹に入れておいて
あげられなかったから。。。

高齢での出産だったから。。

自分を責めました
責めても、何も変わらないし
どうにもならないって
わかっていても
そうせずには
いられなかった。。。


しばらく、泣きつづけました
泣いて泣いて
この子を可愛いと
思えるだろうか?
私が育てていけるだろうか?

不安と心配、迷い、葛藤
偏見、不憫、怒り
色んなものが
ごちゃごちゃでした

でも、朝がきて
岳は毎日成長して
飲むミルクの量も
日々増えていくんです

とにかく、泣いてても
なにしても、母乳は必要なので
必死で搾乳しました


泣きながら
搾乳したこともありました

泣きすぎて
なんで泣いているのか?
わからなくなって。。
泣きすぎると
頭も痛いし
ぼーっとしてくるんです
目は腫れて
前は見えづらいし
頭がぼんやりしているようで
冴えているのか?


自問自答で
人より成長が遅いのは
悪いことなのか?

遅いってどういうことなのか?

当時はわかりませんでした


1歳の時は
あっという間でしたけど
岳の成長が遅かったので
1年っていう気分が
しなかったんです
まだまだ小さいって
思いが強くて。。

熊本地震もあって
気分も落ち着かないし


でも、今年2歳は


歩くようになって
お兄ちゃんにもなって
顔つきも変わってきて
自分の意見をゼスチャーで
伝えてきたり

健常児の1歳位です
ちょうど、半分



初めて見るケーキを
少しだけ食べさせると

これは、なんだ??
うまいぞ!!

f0369637_00000652.jpg

と言わんばかりに
目の色を輝かせて

まだ食べる!!

とおねだりすることも
できるようになりました





健常児だと
いろんな成長があっという間
なんでしょうけど
岳はひとつひとつが
時間をかけてできるように
なっていくので
できた時の喜びは
親の方が感激します


その感動を今年は沢山沢山
もらいました


岳ができたことを
親や周りがよろこんで
感動を与えてもらっています

本人は
できるようになっても
いちいち喜びませんからね~



保育園やデイサービスでの
出来事は話を聞くと
私の知らない事が
できるようになっているので
びっくりします


岳のお陰で
小さな変化を目にすることが
楽しくなります


そして、岳が産まれた時より
ママも少し
成長できたかな?



他人と成長を比べて
気にしない

岳の成長だけを見ていこう

て決めてたから




岳を授かった時の自分に
教えてあげたいです



ゆっくりだけど
ちゃんと成長するよ!!
可愛い我が子だよ


健常児とさして
変わらないよって(*^-^*)








[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-29 00:01 | ダウン症 | Comments(0)

今年最後の登園

7月はまだ伝え歩きで
1歩踏み出せるかな?
程度だった岳が
9月からはどんどん歩き始め

11月からは
なんとか駐車場から保育園まで
歩いていけるようになりました


といっても、ふらふらで
座り込んだり
手を離すと違う方向に
歩いたり。。。


どんどん成長して
しっかり歩けるようには
まだまだですが
それでも、歩いて登園したり
帰りの車まで
歩いたり
その時間がとても楽しく


12月になってからは
寒いけど頑張って歩いてくれます


8月は幸也の出産で
保育園を休んでいたので
9月から再開して行き始めると
お友達を見て
どんどん歩けるように
なってきました


私は、歩くのに変な癖が
ついたりするのを心配して
最初はリハビリとかに通って
歩けるようになってから
保育園にやろうと
思っていました


でも、子ども達同士の
切磋琢磨は凄いですね

リハビリでは、先生と岳の
マンツーマンなので
たまには甘えたり頑張ったり

でも、相手は大人だし
頑張って歩いてくれるけど
子ども同士って

自分も歩きたい!!

て気持ちが優先するんでしょうか?
本当に楽し気に
遊んでたり
お友達同士で追っかけっこ
したり、まねっこしてみたり


最近は靴を楽し気に
履きたがります

靴を履くと
自分で歩くと思っているので
ベビーカーには乗りたがりません


成長したな~

と嬉しくなります



手を繋いで車まで
歩くときは

いちに、いちに
ワンツーワンツー

て声掛けながら歩くんですけど
私の顔、にやけてると
思います


よく、歩けるようになったな~
うれしいな~

頑張ってよろよろしながら
歩く姿が
可愛くて。。。



そして、保育園は今日までですが
岳はデイサービスと午後から
用事があるので
昨日が年内最後の登園でした



最近は手を払いのけて
自分一人で歩く時もあるので

見守って歩いていくのですが
その後ろ姿が頼もしくて
つい、パチリ!!

f0369637_22385266.jpg

先生が見えたら
一生懸命歩いて行ってました

f0369637_22391319.jpg


園庭に入ると
早速好きな滑り台の階段を
登ったり、降りたり。。。





産まれた時は
このまま大きくなるのだろうか?
歩けるだろうか?
しゃべれるだろうか?

と心配していましたが

現在、元気に大きくなって
歩けるようになったので

なんだ~
歩けるようになるんだから
あんなに心配しなくても
よかったな
と思いますが

2年前は不安だらけで
泣いていたのを思い出します



今年一年で
保育園に行き始め
お兄ちゃんになり
歩けるようになったので

親の想像を絶する成長です
岳は日々成長しているのですが


私はどうなんだろう?
と思ってしまいます
(色々、頑張らないと😆)





無事に岳の成長に
ご協力頂いた
保育園、デイサービス、訪問看護
リハビリの先生、その他病院の先生や
いつも見守ってくださってる皆様
ありがとうございました


私や家族だけでは
ここまでの成長は
なかったと思います


もちろん、岳が楽しんで
日々を送ってくれていることが
一番嬉しいのですが。。。




岳は、風邪もひかず元気です(*^^*)





[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-28 00:11 | ダウン症 | Comments(0)
サスペンダーって
ファッションだと
思ってました


でも最近
それだけじゃないかも!

と気づきました


サスペンダーって
小学生で
気の利いた男の子や
ファッション的な要素が
沢山なので
おしゃれだよね~

て今までは思ってました


だって、かっこいいお兄ちゃんが
ファッション誌とかに
載ってたり
小学生だと
とても賢そうに見えますもん




しかし、最近サスペンダーを
購入することになりまして。。。



でも、ファッション的な要素
皆無です


なぜなら










岳のズボンが下がるんです!!!



そういえば。。。
と思い出すのは
去年、岳より一つ年上の
ダウン症の男の子のママが

お尻がないからズボンが
下がっちゃうんですよね~

て話していたのを
思い出しました



おさがりで頂いたズボン
だから、下がるのかな?
サイズが大きいのかな?

でも現在の身長の
サイズだよね、これ???


下がらないズボンもあるけど
なんでかな?
とあまり気にしてなかったのですが


冬になり
生地も厚くなってきて
下がっていると
引きずって
袴みたいになってるんです

しかも、お腹出てるし



それが、あまりにも
頻繁におきるので
なんか変だな???


とは思ってました
サイズはちょうどの
はずなのに、なんでかな?



保育園でも先生達に

他の子はズボン下がってこないですか?

て聞いてみました



すると
下がってくることは
ないけど
お腹に厚みがあって
上まで上がってこない子達は
結構いますね


て回答が。。。。




そこで、思い出したのが
去年のダウン症の男の子のママの話


そういえば。。。



ダウン症で
低緊張な為
お尻にあまりお肉が
ないので
ズボンが引っかかるところが
ないんです


お腹は腹筋がないので
食後には
びっくりするくらい
大きなお腹になるけど
お尻は小さいので
スルッと下がっちゃうんですね


お尻の筋肉って
立って歩くように
なってきてから
少しずつ発達してくるとのこと


確かに、歩くようになってから
足のサイズがどんどん大きく
なり始めたし
太ももが太ももらしく
肉がついてきました


だから、お尻は
これからみたいです



私からしたら
お尻がちっちゃいって
結構羨ましいけど(笑)






それで、今回サスペンダーの出番


早速、購入

Amazonでポチっと
してしまいました


商品到着して
つけてみると
最初は気になってたみたい
ですが、上から
カーディガン着せたり
すると、気にならないみたい

f0369637_00140440.jpg


ちょっと、おませさんに
みえるかな?

f0369637_00132272.jpg


そして、ふと思い出すと
ファッションじゃなくて
サスペンダーしている人

て結構いるよね


そうか~

みんな、色んな事情で
ズボンが下がるから
してたのね(笑)


と気づいたのでした







[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-27 00:14 | ダウン症 | Comments(0)

クリスマス会

岳にとっては
初めてのクリスマス会

保育園から保護者さんもご一緒に
とお誘い頂いたので
3時に保育園に
幸也を連れて
お邪魔しました



岳はどこにいるのかな?
とこっそりのぞいていると
ちゃんと椅子に座って
お話を聞いてました

f0369637_21554793.jpg

クリスマス会もですが
子どもが保育園でどんな顔を
しているのか
こっそり覗ける
機会だったので
楽しみにしてました



家での甘えっぷりと
違ってちゃんと
先生方のいう事を
守って椅子にも
じっと座っていることが
できてるんですね


親としては
その姿をみれたことで
満足しちゃいました


クリスマス会は
保育園、学童さん
障がい者の施設の方も
一緒だったので
催しものが盛り沢山



手遊び、歌、読み聞かせ
ダンス、パネルシアター


岳も歌の時には
着替えて出てきてました🎵
流石に同じ年の子と
比べると体格も一回り
小さく年下の子と
同じ位のレベルですが
ちゃんとみんなと一緒に
行動してました


f0369637_21565494.jpg



それからフラダンスショーに
なんと、マジックショーまで


目の前でみているのに
マジックって不思議ですよね~
何もついていない食パンに
袋を開けると
ジャムやピーナッツバターが
塗られていたり。。。
どうなってるの?

って子どもと一緒に
真顔で見入ってしまいました


岳は、どうしてるのかな?
と思ってみていると
マジックショーは
全く興味なしって
感じで後ろ向いて
学童さんに
遊んでもらってました

f0369637_21572652.jpg


岳はクリスマスや
サンタクロースを
わかっているかどうかは
わかりませんが
みんなと楽しく過ごして
いたのをみて安心!!


ちゃんと、保育園でも
やれてるんだ
というのが
わかったし大人も一緒に
楽しめたあたたかい時間でした


[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-25 22:00 | ダウン症 | Comments(0)

車の中で二つおり

子どもには毎日なにかしら
驚かされるものです


独身時代からは
想像もできない位
毎日が騒がしいです



これは、出産前の6月の出来事



岳は、小さい時から
車での移動が本当に多くて
しかも、高速使っての移動も
週1以上

その為、チャイルドシードは
必須なのですが
この時期から後ろ向きから
前向きに変えました


そろそろ、同じ目線の方が
いいかな?と思って。。。


体重の制限があり
前向きにできる体重に
なったので、早速方向転換

運転席から振り返って
岳の足が触れたり
顔が見れる方が
いいなぁ~と思ったんです

振り返ると、ニコニコして
岳がみてるので
嬉しくなります

そして
慣れてきた頃に
事件は起きました





チャイルドシートの
ベルトから抜けちゃうんです

気が付くと



肩紐がされてない('Д')



高速運転中なんて
気が気じゃなくて。。。
ドキドキしてました


ブレーキ踏んだら岳が
飛び出してくるんじゃないか?
急ブレーキかけなきゃいいよね
でも、どう考えても危ない!!


しかも、1回や2回じゃなく
要領を覚えたらしく
ほぼ毎回抜いてしまう
ようになったのです


そして、肩抜けした状態で
すやすやと寝てるし。。。
こら~って怒っても
全く意に介せず(*´Д`)

f0369637_15461905.jpg



これじゃ、シートベルトの
意味ないし、困ったなぁ~

何か対策考えないと。。。
と思ってしばらく
過ごしてました





そうして
いつものように
高速移動していて
実家につきそうなので
信号待ちで振り返ると。。。




そこには



肩ベルトをはずし
眠ったまま


驚くことに
二つ折りになった岳が!!!


f0369637_15473838.jpg



わぁ~( ゚Д゚)





岳、岳、たけぇ~!!!!
起きて、危ないから。。。



叫んでも、本人は
がっつり寝込んで聞こえてない



実家まであと少し。。
ハラハラ、ドキドキしながら
慎重に運転

室内ミラーにて確認しながら
なんとか実家について




ダメじゃん!!
って揺すりながら
起こしてみても
岳は、何のこと???
って感じで理解できてない。。。

岳は体が柔らかいので
肩抜けも簡単にできる上に
二つ折りになっても
苦しくないらしく
そのまま、寝てるんです

こっちは、きつくないのかな?
と思うけど本人は
問題ないみたいです



こりゃ~
悠長にしてる場合ではない


そこから、日頃からお世話に
なってるAmazonで
検索すると



意外にも
お困りの方は多いのですね



色々防止グッズがでてきました
そして、ベストみたい
包み込むタイプの物を発見!



もちろん、早速購入!!



商品が届くまでの間
やはりドキドキして
過ごしましたが
これで一安心(*^-^*)


岳に勝った~
とひとり
勝利宣言をしています

岳、これで抜けれないぞ
ふふふっ。。。。




しかし、最近冬になって
洋服の枚数や厚みがでてきたので
シートベルトを
なかなかはめ辛いという
デメリットを発見

私の方があれ~って
感じです





安全確保と室内の快適環境って
両立は難しいですね


子どもに安全の為っていっても
わかりづらいですからね
守るのは親の役目と
子どもからは嫌がられても
ちゃんとシートベルト
はめてもらってます
















[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-20 15:48 | ダウン症 | Comments(2)

岳のボルダリング

岳を見ていて
いつも思うのは

ダウン症だから
この位しかできないだろう
って勝手に
上限を決めているのは

私や大人であって
岳は意外となんでもできる
ってこと


幸也の出産は本当にバタバタで
実家で2か月位過ごしたのですが
まぁ~
いたずらというか
なんでも遊ぶというか。。。

実家の台所は岳の遊び場に
なってました

引き出しの中に
誰が教えた訳でもないのに
入ってみたり。。。
f0369637_22315377.jpg

楽し気にパチリ(#^.^#)
f0369637_22312380.jpg


お陰で引き出しの中身は
全て台所の上に
出しっぱなしになり
母は、使いにくい(*´Д`)
と嘆いておりました


また、ある日は
台所によじ登ろうと
必死で何度もトライ
しているようでした
f0369637_22323358.jpg

笑いながら

まるで、ボルダリングじゃ〰️ん
させてみたら
いいかも~🎵


て話してましたけど



え~((((;゜Д゜)))
そんな事できるの?
最初に思ったのはそんな感想


だって、低緊張って言われてるから
自分の体重をつかまって
維持できるとか思ってないし。。。


って、私の勝手な決めつけです
でも、その後に
そんなこともできるように
なったんだなぁ~


と感動して母からの
報告をうけたのでした


だって、1歳になっても
首はぐらぐらして
一体いつになったら
首がしっかり座るんだろうか?
と心配していたのに。。。

座れるだろうか?
立てるだろうか?
と一つ一つ心配で
リハビリに連れて行って
少しでもできる事が
増えればいいな!
思っていました


しかし、実際は心配しているのは
私だけで
岳は岳のスピードで
何でもできるようになって
本人は楽しんで毎日
過ごしてるみたいです



本人は何も心配とか
していないので
余計な心配なのかもしれません


でも、健常児と違って
一つずつ教えないと
何でも簡単にはできるように
ならないのは事実です


立つ為の足の使い方や
立った状態からしゃがむことも
何度も訓練して
やっとできるように
なるのです



だから、できるようになった
姿をみるのは
本人も嬉しいでしょうが
親としては感動もひとしおです


親の思い込みで
岳のできる事の
頭打ちにならないように
したいと常々思っています





[PR]
by wanwanharuumi | 2017-12-19 08:47 | ダウン症 | Comments(0)