自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

離乳食

子育てって、何もかも親がするもの
てイメージですが
少しずつ自立していくんですよね。

まず、離乳食󾬄

岳は、小さく産まれてなおかつ
成長がゆっくりと言われていたので
11ヶ月になるのに
子どもにスプーンを持たせてませんでした。

先日、リハビリで

子どもを王様扱いじゃなくて
自立できるようにしてくださいね!


って言われて、慌ててスプーン購入しました。


手が掛かるとはいえ
子どもに食事を覚えてもらう
て勇氣が入りますね󾌲

まず、スプーンを持ってもらう事から
始まるんです。
しかし、食事中で、スプーンで遊んで
欲しくはないし。。。


氣がつけば、口に入れてて
汚しまくる
口、手、あちこち、ベタベタ❗

そう、勇氣がいるっていうのは
汚れちゃうんです。
洗えばいいんですけどね。

まぁ、この時期を越えないと
自分で食べてもらえないんです。


当たり前ですけど
教えないとできない。
練習しないとできない。
勝手にできるようには、ならないんです。

でも、なんとなく
今の自分ができるから

勝手にできちゃう氣が
しちゃうんですけどね。。。


親が勉強っていうか、待つ
ということが必要になります。

やってあげたほうが、早いんですよ。
食事も汚れないし、早く終わる。

それでは、自立できないので
させてみて、待ってみる。
ちなみに、早くからさせると
早く覚えてくれるんですね。

だから、なんでも早くからやってみて
いいんです。
そして、その子どもなりのスピードで
できるようになるから。。。


つい、手助けしちゃうんですよ!
でもダメよ〰ダメダメ❗
(古いですね😆)

させてみて、待つ❗❗


これって、仕事してて
新人さんに教える時も同じですね。

親って、信じて待ってあげるのが
段々、多くなるんですよね。


ドキドキしたり、ハラハラしたり
でも、じっと待つ❗

そうやって、子どもは大人になるんですね。


とはいえ、突然じゃなくて
教えていくのは、ひとつずつ。

岳は、まずスプーン持ちから😆
f0369637_22441541.jpg


# by wanwanharuumi | 2016-08-12 22:28 | 子育て | Comments(0)

地震後の心境変化(2)

今回の地震で初めて恐怖を味わいました。

過去にも地震はたびたび起きて、車に乗っていて地震に
なって驚いた経験もありました。
しかし、今回のように建物が壊れて
自分の安全確保ができるか、この辺りはどうなって
しまうのだろう?
と心配する程の地震は初めてでした。

阪神大震災や、311の地震が国内ではいくつも
大きな地震が発生しているにも関わらず、テレビで
状況を見ては、現地の方は大変だろうな
と思っているだけでした。

日本に住んでいる限り、地震大国なので
物資の備えや心の備えは必ず必要ですよ。

声を大にして言いたい。
地震だけじゃなく
災害対策してください。


で、地震後に子どもやペットはとても恐怖を感じ
やすくなっている等、報道されています。
もちろんそうなのですが。。。

大人も怖かったんです。

仕事でその恐怖を感じてる状況じゃなかったり
子どもの前では何とか、大丈夫よ!
っていってた、大人の方だって恐怖を味わったのです。

私は、お風呂、トイレに入ってる間がとても怖くて
なかなか、ゆっくりリラックスして過ごせませんでした。


また、来るんじゃないか?
その時どうしたらいいのか?
被災後に自宅(八代)に戻って、何度も主人に尋ねました。

どこに逃げるのか?
まずは、外に出るのか出ないのか?
家族で沢山話しました。

火が使えなかったら、水が出なかったらどうするのか?

家族内の周知徹底も必要なんですけど
緊張状態が続くと心身共にやつれてきます。

今回の地震で、考えたのは何が怖いのか?
考えました。

家が壊れる事?住むところがなくなること?
恐怖や不安の原因を自分で問いかけてみました。
やはり、一番は家族が全員無事でいられるか?
もし、誰かに何かあったら。。。

というのが、私は怖かったです。
しかも、私のせいで、守れなかったら。。。
と責めている部分もありました。

自分と対話する期間にもなりました。
でも、緊張状態の中では、なかなか考える事さえ
難しいです。

食事の時も早く済ませて
片付けることを優先していましたが
ある日、好きな紅茶をいれて飲んでみました。


好きな香でもありますが、その時だけ
ほっと、心があたたかくなり
緊張の糸が解けた時間でした。
やっと、食事の味を味わうことができた
と思いました。

人によって緊張の糸が解ける状況は様々ですが
飲み物や食べ物は味覚、嗅覚、視覚も感じることができますよ。


今回、痛感したんです。

1.恐怖や不安はなかったことに
するんじゃなくて
ちゃんと自分が感じていると
認識すること。

2.なにが、恐怖や不安か
自分と対話すること。

3.リラックスできる方法を
知っておくこと。


上記の3点でかなり、軽減できるようです。
もう、4か月が経過しようとしていますが
1日に地震が0回だったのは、たった1日だけのようです。
まだまだ、揺れは続き、回数は2000回に迫るようです。

一度、考えてみてはいかがでしょうか?







# by wanwanharuumi | 2016-08-11 23:51 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)

オリンピック観戦

オリンピックが始まってから
朝起きるとニュースから流れてくる結果の数々

つい、ドキドキして見いってしまう󾬄

そして、試合内容が流れてくると
選手より先に涙ぐむ

よかったね󾬇
これまで、どれだけの練習をして
ここまできたんだろう?
どんな精神力なんだろう?

努力して家族や周りの人の支えが
あったんだろうな?

相当、辛い事もあったかな?
みんなの期待をプレッシャーに感じただろうな!

等、勝手に思いをはせて
その結果だけじゃなく
選手達の背景を考えてしまう

それぞれの選手に、色んなドラマがあり
試合のほんのひとときに4年分の
思いをこめる
だからこそ、目が離せなくなる

そして、朝から感動して
パワーをもらって、日中過ごしてます。

オリンピック、楽しんでますか?
選手のまっすぐな思いがパワーになって
周りの人を元氣にしてる

私も、周りの人に元氣をあげれてるといいなぁ😆

# by wanwanharuumi | 2016-08-10 22:22 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)

お風呂上がり

お風呂上がりに鏡で顔を見て
はっしました。

私、こんなに肌艶悪かったかな?

あれあれ???

独身時代、そして、子どもが産まれる前は
お風呂上がりに、たっぷりの化粧水やらパック等
お手入れしてたのに
岳が産まれた後は、慌ててお風呂上がって
お世話をしていました。

岳のせいに、したくないと
思っていても、自分が満たされてない事に
気付きました。

鏡を見ながら、いつもより丁寧にゆっくりと
化粧水をつけます。
両手で、顔を触れて浸透していく化粧水を
感じると、お肌がじんわり水分を吸収して
いくのがわかります。

スポンジが水を吸っていくように
ゆっくり深呼吸して、お肌がふっくら
していきます。

すると、心にも水分が含まれていくようで
心にも余裕がでてきます。

子どもがいるから、仕事で疲れているから
色んな理由で、自分を雑に扱ってませんか?

少しだけ、自分のために
丁寧に何かをしてあげませんか?

例えば、爪を切った後に
ヤスリで研磨してみるとか
私のように、化粧水をゆっくりとつけてみるとか
マニキュアを塗ってみるとか
ハンドクリームを
マッサージしながら塗ってみるとか

いつもより、丁寧にゆっくり時間を
かけてやってみると、些細な事でも
心が潤ってきますよ

忙しいからを口癖にせず
ほんの少しの心掛けや時間を
かけるだけで豊かに感じられます。


お風呂上がりの自分の肌が
ふんわり、してきたんですよ😆






# by wanwanharuumi | 2016-08-09 22:04 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)

法事

昨日は、親戚の法事でした。
この時期、法事やお盆で親戚が集まることが
多いですよね。

自分が、小学生の時には
いとこに会えるのが嬉しくて
大学生の時には
なんだかうっとうしいと思い
社会人になると
面倒くさい
そして、今、結婚して子どももいると
面倒くさいけど、集まると楽しい

って、心境の変化があります。

昨日は、祖母を中心に
合計31人も集まりました。
祖母は、5人の子どもに恵まれ
私は孫世代になり、10人越えます。
さらに、ひ孫は
10人と将来が楽しみです。

今回、いとこ、いとこの子どもが勢揃いしたのは
初めてでした。
やっぱり、顔が似てるからでしょうか?
うちの親族は、仲がいいんですけど
いとこの子ども達の成長って嬉しいです。

小学校2年生を筆頭に0歳児まで
10人も集まると保育園です。
f0369637_20535523.jpg
兄弟同士では、喧嘩する子達も
年下の子どもとは優しく遊んでいました。
もちろん、岳は、一番年下だったので
優しく頬を撫でてくれていました。

微笑ましく、ほっこりした気持ちで
眺めていました。

子どもって、年上の子は、年下の面倒を
みたいんですね!
見てて面白いです。

でも、優しく撫でるという行為が、まだ
出来ない、いや知らない子もいるんですよね。
そうすると、つい強く押したり、叩いたり
してるのを見てしまうと
叱ったり、ダメ❗
って注意しちゃいますよね。

ここは、親が氣をつけるポイントです!
子どもは、なぜ怒られたのか、ダメ❗
って言われるのか、わからないんです。
だから、叱る前に、こうしたらいいよ
っていう事を教えてあげるんです。

優しく撫でるという行為が難しいなら
優しくトントン。軽く触ってあげる
っていう事を教える❗
そしたら、子どもは、どう対応したらいいかを
知るんです。

知らないから、出来ないことなら
教えてあげると解決する事ってありますよ。
だって、最初は
誰だって知らないんですから❗

子どもの何かをしたいっていう気持ちを
損なわない為にも、知って欲しい
ポイントです。

成長過程が順に、見れたので
法事という行事は、喜ばしいものでは
ないけど、久しぶりに会える親戚には
人との繋がりを感じて
暖かい気持ちになりました。



そして、私がおばあちゃんになっても
孫10人、ひ孫10人なんて
なれないよなぁ~😅
って思うと、私の祖母って凄いなぁ❗
と尊敬しちゃいました。







# by wanwanharuumi | 2016-08-08 21:46 | 子育て | Comments(0)