自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

鬼鬼がきた

主人がどこからか
もらってきた
豆と小さなお面


節分なので
福と鬼



岳や幸也に
頭につけても
わからないだろうと
ぬいぐるみにはめてみました

f0369637_22235733.jpg

3日が節分ですが



鬼鬼!!


と言いながら


二人とも喜んでいるので
3日はこれで
豆まきをしてみようと
思ってます



豆は
まだ小さな子供だと
喉に詰まってしまう可能性や
鼻に詰めたり
してしまうことも
考えられるので


慎重に豆まきです




家の中
もしくは自分の気持ちの
鬼な部分を
豆まきで
払い出し
福福しく
笑って過ごせるように


気合入れて
投げたいと
思いながら


誰が鬼??


私は豆をまきたいので
ぜひ主人に鬼のお面を
つけてもらって


投げまくる(笑)


な事を考えて
一人( *´艸`)
にやりと
しています


# by wanwanharuumi | 2019-02-02 22:24 | 子育て | Comments(0)
扁桃腺摘出後
岳は、がっつりごはんを
食べるようになりました


循環器受診があった日

眠らないといけないなら
食後がいいかな?
と思って、ランチを病院内で
食べました


前回は
完食にはほど遠く
あんまり食べなかった
お子さまランチ


さて、今回は。。。



目の前にくると
目をキラキラさせて
喜ぶ岳


しかも
自分で食べるというので
フォークとスプーンで
上手に食べてます



コーンスープがついているので
そのスープが
中のコーンと熱くて
格闘しながら
食べてました


どこまで食べれるかなぁ?
と思って見ていると


もくもくと食べ続けて


あらあら。。。
白ごはんぎ少し残ったけど
ほぼ完食!!

ビックリです(≧∇≦)


こんなに食べれるように
なってるんだ❗
と嬉しくなりました


その後も、デザートは
ちゃっかり私の分も食べて
あまりにも沢山で
岳のおなかを心配して
しまいます


受診後も
お菓子だのお茶とか
飲んでるので


帰りの車の中では
お腹が苦しかったのか
少し戻してました(´Д`)



流石に
食べ過ぎたんでしょうけど
術後の心配もなく
しっかり沢山食べれる
様子を見ると
こっちまで
ニコニコしてしまいます


f0369637_12151387.jpg




# by wanwanharuumi | 2019-02-01 12:49 | 子育て | Comments(0)
自分を大事にっていうけど
自分の好きなものを食べる
自分の好きな時間に食べる
自分の好きな時間に寝る

簡単そうでできていない


子どもがいるから。。。
一緒に居た人に気を使って。。。
家事、仕事が残っているから。。。



言い訳は色々
どんどん出てくるけど
どれだけ自分をないがしろにして
人に合わせていることか



また、そもそもの自分の
思いに気づかない等あるけど


最近意識して
私がやっていること


トイレに行きたいと
思ったら行く!!


簡単そうだけど


つい、これを片づけてから
と思っていると忘れたり

子どもが何かしていたので
忘れてたとかに
なるので、意識していくように
しています


実は、一番困っていたのが


排便



もうちょっとしたら
でるかな~
なんて待っていたら
その気が無くなったり
してしまい
気が付くと

便秘気味になってしまう事も
度々あり


特に、子どもが小さい間は
トイレにも行かせてもらえず

ちょっと離れるだけで泣くので
ゆっくりトイレに
入ることもできず
気が付くと便秘。。。




これでは、いかん!!



と思って
できるだけ
行きたいと思った時に
行くようにしています



邪魔されることは
色々あるけど
自分の気持ちを
そして体を
大事にするのって
こういうことかな?


と最近思っています


簡単そうですが
最初は難しいです



そんなとき
ミユさんの



そうそう。。。
とかなり共感を抱きました
とても、わかりやすく
書かれているので
ぜひご参考に!!




こんなことから?
と思うけど
自分を大事にって
ここからだな

と実感しています



こんなに自分に我慢ばかり
させてきてるんだ~

と改めて認識できてくると
なんとなく
自分を大事にっていうことが
わかってきますよ



すると

何食べたい?
とか他もことも
気が付くように
なってきました





子ども達には
何食べたい?
とか聞くのに
自分は?

というと

なんでもいいって
なっていて
実は自分の気持ちすら
封印してたりします


その封印を解くカギも
このトイレからなんです


ぜひ、やってみて!!













# by wanwanharuumi | 2019-01-31 12:30 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)
3か月ごとに
検査している岳の
心臓の超音波検査


これが本当に苦痛でして。。。


小さな子供のうちは
検査時にじっとできないから
てことで眠らせてから
検査をします


眠らせてからといっても
ほっといたら寝ないので
睡眠薬を飲んで
寝せるけど
なかなか寝ない


この寝せるのを
苦労して色々試したけど
本当に疲れてました


そして、寝てしまうと
今度は起きないという事が
最近はあって
毎回岳も私も疲れて
大変な検査でした



そろそろ、じっとしてられる
だろうから
薬なしで大丈夫かな?


と思ってましたが
なかなか先生が睡眠薬なし
とは言ってくれなかったのです


今回、やっと
睡眠薬なしで
アンパンマンの動画を
見ながら検査をすることが
できました~(*^^*)


もう、検査の内容より
薬なしでできた事に感動!!


最初、動画を見ながら
真向いに座っているので
あらら。。。


とこっちはドキドキしていると


あおむけに寝て
首だけ動画を見ておく
という態勢がとれたので
一安心


そして、先生が声をかけながら
検査を進めて
無事に終わるまで
じっとしていてくれたので
病院受診は1時間かからずに
終了しました



今まで
寝せるという作業の為に
睡眠薬を使い
必死で
病院の中をウロウロする
病院の外をウロウロ

授乳室で電気を消して
無理やり寝せる等

毎回苦労してきましたが


岳の成長により
3歳半にして
睡眠薬を卒業できました



卒業となると
大変だった寝かせると
いう作業も懐かしく
そして微笑ましく思えるので
人って勝手ですけど



短かったようで
長かったこの検査時の
苦悩がなくなると
ほっと一安心


気が付くと
岳がそれだけ成長したことに
感謝です


現在、心臓に穴は
開いているけど
手術をする必要がなく
経過観察になっているので
ほっとしています



そして
今回は扁桃腺摘出後に
心臓に負担がかかっていないか?
という確認も兼ねていて
問題なかったので
手術も無事に終了と
太鼓判をもらってようで
嬉しく帰ってきました






# by wanwanharuumi | 2019-01-30 15:39 | ダウン症 | Comments(0)
熊本県は全国でも1,2位で
ニュースになる位
インフルエンザが大流行中です


12月末から手術を控えていた
岳がいるため
なるだけ人込みは避けて
過ごしました

そして術後も
自宅でインフルエンザが
発生したので
自宅には戻らず
実家で過ごしました



インフルエンザに負けない為に
人込みを避ける
自分の加湿や保護の為
マスクをつける

とはいえ
これだけ蔓延していると
避けようがないですよね


日頃から免疫高めることが
大事ですね
免疫力アップの方法も
今は検索すると沢山
出てきます



しかし
受験生がいる
家族とかって
なかなかインフルエンザに
かからないですよね


もちろん
予防をしているのも
ありますが家族の
気合が違います


受験生をもつ母親って
自分がひかないだけではなく
子どももひかせない
という強い意志を感じます



そう、今回の
タイトルのコツとは


私は
プラス家族を
インフルエンザにさせない!!


という強い意志なんです


ならない!!


と断言して
本当にひかないと
思っている間は
かからないです


まぁ、100%では
ないでしょうけど。。。
思ってても
かかるって言うときって

もしかしたら。。。
なんて、気の迷いがあったり
するとき


ちょっとした
気の緩みや受験後とかは
要注意!!


その隙をねらったように
インフルエンザって
やってきます



思い込みって
大事っていいますが
かなり有効です



気力も弱れば
体力も弱ります



さて、どれだけの
インフルエンザに
負けない気力で
過ごせるでしょうか?




簡単です
今日からでも
私はかからないと
断言して過ごしてください


言葉にするというより
思いが大事!!





# by wanwanharuumi | 2019-01-29 07:35 | 子育て | Comments(0)