自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧

ボールプールの楽しみ方

10月から岳はリハビリで
作業療法を開始しました

ボールプールでの遊びは
体幹を鍛えるのにいいとのこと


大人も腰上までボールに浸かったら
動きにくくで大変だろうなって
想像できます

週に1回のペースで通ってますが
毎回、少しずつ遊び方が上手くなって
楽しんでるのがわかります


最初は、洗面器にボールを
すくってもらって
ジャーってかけてもらってたのが
ボールを先生と一緒にすくうことが
できるようになり

自分でボールを洗面器から
かけることができるようになったり



今日なんて


自分で洗面器にボールをすくいながら
(先生に助っ人してもらいながら)
自分でボールをかけて
さらに、ちゃんと見てる?って
顔をみながら
褒めてくれる人を探してました


今までは、私と先生だけだったけど
前回、ちょうどもう一人別の先生が
見ていてくれたので
今日もみてくれてるだろう
と思って探してるんです


もっと、褒めてくれ!!
なのか、同じ先生をさがしているのか?
とにかく、私と担当の先生の
リアクションでは
物足りなかったのか。。。



なにより、その自分を見て!!
っていうアピールをすること
そのものに感動して


凄い!!!
岳はこんな事ができるんだ

と驚いてしまいました

f0369637_23245224.jpg


少しずつの成長だけど
その成長を見守って
あげられるのは
とても嬉しいですね


短い手だけど
首の後ろに入れたボールが
取れるようになったり


ズボンのお尻のところに
入れたボールは
まだ取ることが
できないみたいですが。。。


ただ、遊んでる楽しんでる中で
ひとつひとつできることが
増えていってるみたいです


最近は
お腹っていうと
お腹を手で指し示すことが
できるのですが
ボールプールの中だと
お腹っていうと
胸を手で押さえるんです


先生に聞いてみると
ボールに埋もれている部分の
ボディイメージが
まだできていないので
お腹のつもりで
胸を指示してるとのこと


自分達は自分のボディイメージが
掴めているので
ドアにぶつからずに動いたり
人とすれ違ったりできるけど
岳はまだまだそれが完全に
できていないので
そういった練習(リハビリ)が必要
みたいです


そういえば、眼鏡をかけている時に
私はよくドアに眼鏡をぶつけたり
してたんですよね

ほんの少しの厚みですが
それが、上手くできずに
ぶつかるけど
そんな感じが岳達なのかなぁ~
と思ってます


健常児が自動だとすると
岳達は手動?な感じ

一つずつ教えていかないと
勝手に覚えるのには時間が
かかるようです

だから、療育やリハビリって
必要なんですよね


岳は嫌がらずに、楽しんで
くれているので
見ているほうも
安心してます


専門家にみてもらうのって
本当に大事ですね







by wanwanharuumi | 2017-12-16 00:05 | ダウン症 | Comments(0)