自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

一人時間を満喫したい

自分の母親とか
それ以前の人達は
どうしてたんだろう


とふと考えました


子育て歴やっと3年
まだ3年?


その間
日常の買い物とか
病院、美容室位は
一人で行った


でも、複数の買い物や
映画、美術館なんて
行けてない


独身時代が長かったせいか
一人で
ウロウロするのが
楽だしとても好きだった


映画や食事も
一人で行ったし
買い物とか
好きなだけうろうろして
好きなもの買って



今は子どもの優先順位が
高く、一緒に居たかったから
自分の時間なんて

殆どなくても
家の中を綺麗にしたり
家族が喜びそうな
食事を作ったり
子どもが食べてくれるかな?
と思って
離乳食を作ったり


色々やってきた
無理にやったわけではなく
それが楽しかった


しかし、3年にもなり


突然


一人の時間が欲しい!!


朝から好きなだけ
ゆっくり寝たい


仕事でもいいから。。。


仕事をしている時は
大変だけど
自分で時間のコントロールが
できていたし
トイレに行くのを
邪魔されることはない


しかし、育児って
今だけとはいえ
トイレさえ邪魔され?
行けない

朝も眠れない

夜も寝てくれないので
自分の好きに眠れない


子どもに対して
寄り添っている
気持ちが薄れ


苦痛に感じるように
なってしまったこの頃


主人には
日頃仕事して大変そうだから
土日好きな事させて
あげよう
って思って
どうぞ~って
見送ってたのに

毎回毎回だと
だんだんそれも


自分には
どうぞ~って
していない。。。
ずっと、我慢してる自分がいる


買い物や美容室に
行かせてもらった

それだけでも
よかった!!
と思って自分の本心を
見て見ぬふりをしてきた


そんなつけが
やってきたようだ



主人の趣味を認めるなら
自分の事も認めて
いいはず

好きな事を好きなだけ
すればいい


この好きなだけというのが
今の私にはポイント!!



自分に許可を出していない
事に気づいて
はっとする



人には

自分を大事に!!


とか言ってるのに
ブログにも書いてるのに

自分は本心を隠して

中途半端で
本当にその日
やりたかったことは
辞めていた


それを子どものせいにして。。。




好きに出て行って
趣味をしてくる主人を
見送りながら
思いっきり嫉妬して
自分はやりたいことが
やれない!!
って切れてたけど


やっていいよ!!
っていわれなかったから???


いやいや、中途半端なのは
自分で
好きなだけ自分の
したいことをしてくれば

スッキリして帰ってこれるのに

子どもが気になって
早く帰ってきた

って子どものせいにしてる





いい嫁?
いい母親?
いい人?


演じてるつもりは
なかったけど
まだまだ
怪獣の皮でも
被っていたようだ


本心って
とても小さくて
気づきにくい



マトリョーシカの
一番小さい中身みたいだ


一枚一枚
皮を脱いでいくと


突然タケノコみたいに
がばっと
皮が剥げて
小さな本心に気づく



外側の皮は
ずっとずっと時間と共に
これはやったし。。。

と自分で言い聞かせていて
言葉にすると
仕方ないって
言ってたりする



子どもの世話がしたいなら
したい!!
っていえるはずなのに


世間体?
親だから面倒みるのは
当たり前?
自分で勝手に
こうあるべきとか
思ってるけど


そんな勝手な思い込みは
いらない
本当にしたかったことを
すればいい



そして、こう言っている
今でも


でも、土日は
天候が悪いみたいで
台風だから。。


とできない理由を探して



やっぱり
母親は子どもと
一緒にいるべきよね

とか思ってる自分がいる



自分がやりたいように
買い物でも温泉でも
食事でも
してくれば

その日家にいた
子どもにも
主人にも

ありがとう!!
っていえるはず



自分は主人がいない時
必死で子ども二人を
みているのだから

主人もそれなりに
やってくれるはず
中途半端に
心配して帰ってくること
自体が
相手を信用してないし

子ども達も信用してない


一番中途半端なのは
自分なのだ


だから
宣言する
一人時間を満喫する


時間を一番気にしてたけど
それも気にせず
好きなだけやってみる


すると自分が
すっきりして
きっと
もっと子どもと
向き合うのも
家族と過ごすのも
楽しくなるはず












by wanwanharuumi | 2018-09-28 00:40 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)