自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

扁桃腺摘出術

今回、岳と一緒だから
自分の手術に対する
不安とは向き合わずに
なんとか、岳の事を
考えて過ごしてきました


しかし、術日前日に
なんと岳の中止


自分の手術だけだと
全身麻酔って
怖いと思てましたが


岳が中止とはいえ
発熱したり
鼻づまりで苦しそうで
夜が眠れなかったり


結果、あまり考えずに
済みました



手術の入室1時間前には
主人もきてくれて
岳にご飯を食べさせたり
してくれたので
手術室に行く
直前までなんやかんやと
岳のお世話で

あっという間でした


手術室には
歩いて入り
自分で手術台に乗り
酸素マスクをして


点滴から麻酔が入ります!!
手がちかちかしますよ


と言われて
確かに手がちかちかしてきた

と思ったら
記憶がなくなりました




なんだか
名前を呼ばれた気がする
体をベッドに
移動された気がする

うろ覚えの状態で
気が付けば
病室



唾を飲み込みのも
キツイだろうから
術後は唾を
吐き出して下さい


ていわれたけど
要領を得ず
どの位痛いのか
気にしながら
唾を飲み込んでみます


自分でどんだけ
どMかいな?
なんて思いつつ

実際に扁桃腺が
腫れた時より
痛いのか?
どうかな?
なんて思ってやってみるけど


腫れてる感じとは
また違って
口の中を
自分の思うように
コントロールできない

ゆっくり飲み込もうと
思うと
突然流れて行って
酷く痛い目にあう


単なるお茶も
喉の下の方を通って
飲み込めると
我慢できる痛み

いつも味わっていた
扁桃腺が腫れた感じ

しかし、少し上だと
まさに切除している部分
にあたるのか?
飛び上がるほど痛い


術日は食事なしだけど
食事の前30分に
飲むと
飲み込みがしやすくなる
シロップがあるけど

これがまた
少しトロミが
ついているので
ますます飲むスピードの
要領をつかめず
喉にひっかかって
咳込む始末



当たり前だが
切除しているので
しゃべるのも
口を開けるも
痛いのです


とてつもなく
おしゃべりな私ですが
しゃべりたくありません


口から
駄々洩れのように
沢山の言葉を
吐き出しているのを
実感します



もう少し
言葉も選んで話すと
凝縮された
言葉になるのでは?
なんて思ってしまいます



その位言葉を
話すことに対して
意識していなかったけど
声を出したくないと
言葉を選ぶようになります


声がでるのかもわからず
しゃべろうとすると
上手くいかず
術後は声が
こもってしまい
発生できません


嚥下も発生も
喉の周りをしっかり
使って行ってる行為
なんだと実感できます



手術自体は
12時半に入室して
そこから
麻酔して
実際に切除して
病室に戻ってくるのに
1時間位と
非常に短時間


私は15時位に
痛みのピークがきて
頭を抱え込む位の
痛みがあったけど
現時点で夕方の19時
ですが

自分でおきて
トイレにも行けるし
ブログもかける位
頭もすっきりしていて
お茶位は
ストローで
少しづつなら
飲めます



ペットボトルから
真夏の口から
溢れんばかりの
大量の水分を一気のみ
できるのは
何年後?
と気が遠くなるような
気分がしてます


しかし
今の季節、真夏は
終わり肌寒く
暖かい紅茶とかお茶を
頂く方が
似合う季節になってきたので
少しづつしか
水分が取れなくても
まぁ、いっか~!!

と思ってます



食事については
現在、思考がストップ
しており
食べたい欲求もないので
安心しています


食べたいのに
痛くて食べれないのは
今後辛そうです


さて、もうしばらくは
ブログが扁桃腺術後日記に
なりそうです





by wanwanharuumi | 2018-10-05 06:52 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)