自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

どうやったら前向きになりますか?

ダウン症という告知を受けて
私も最初は
毎日泣いてばかり。。。


岳が病院に入院している時は
特に岳が隣にいない。。。
直接触れない。。。

思いは募るが
何もしてあげられない。。。
不安と絶望、とにかく
泣いていたのを
思い出します


病院に会いに行くときは
笑顔で行こうと
岳には笑って対応しよう
と決めていたので
必死でしたけど

行きかえりに泣いたことは
沢山ありました



私がママ友に初めて
会って岳以外のダウン症の
子どもを見たのは
半年たってから


もっと早くに知り合っていたら
と思う事も多々ありました



その為

私でよければ。。。

ということで
福田病院の赤ちゃんが
入院しているところには
ダウン症の子どもさんが
産まれて他のご家族に
会ってみたいという方が
いたら紹介してもらって
いいですよ!!

と伝えてあります




すでに、10人弱の方と
連絡を取ったり
お会いしたり
しています



そこで
どうやったら前向きに
なりますか?
また、なれましたか?


と最初に
聞かれることがあります




いつもお答えしているのは


すぐには、なりませんよ(笑)
ということです



現在の私を見たり
ブログを読んだり
されているので
とても明るくパワフルに
見えるようですが


最初の1年は
浮き沈みあり
特に最初の数か月は
泣いては笑い
泣いては悩み。。。



何が嫌なのか?
何が不安なのか?
どうしてダウン症では
ダメだと思うのか。。。


自問自答した日々でした




特に、岳は
最初1500g以下で
産まれたので
見た目が赤ちゃんらしく
なるには
数か月かかり

初めてみたときは
頭が握りこぶしかミカン位の
サイズしかなくて
手の指なんて
枝みたいに細く
この子は生きていけるのだろうか?
と死の覚悟もしました


その為宇宙人みたいで
一般的な
赤ちゃんとして
可愛い!!
と思って見るまでに
時間がかかったのを
覚えています



そうしていると
少しずつ、笑ってくれたり
寝返りしたり
遅くても成長して
本人が動くように
なってきたり
1年位すると

可愛い!!

なんとかなる!!
なんとか、私がしていこう!!


と思えるように
なっていました



最初の1年は
無我夢中で
毎日の母乳やミルクに
必死でした


特に、初めての子ども
という事もあり
母乳で育てたい願望があり


結構頑張って
助産院さんにも通って
母乳のみで行こうと
しましたが
結局ミルクと併用で

8か月位で熊本地震により
簡単に断乳となりました
その後は
余り太らないし
食べむらもあるし
ミルクをやりながら
離乳食をあげてました



本当に母乳は人それぞれで
母乳のみで
育ったダウン症の子どもさん
ミルクのみで育った子どもさん
色々です


みんな違うんだな
と思う事ばかりです




今思うと
必死な時間があったから
脇目もふらずに
子どもと向き合った時間の
お陰で
こうやって
なんでもありだな!!
と思える今があります



毎日の積み重ねで
子どもが大きくなり
成長を実感できてくると
な~んだ!!
結局、ダウン症でも
そうじゃなくても
変わらないじゃん

と思えるように
なると勝手に前を
向いていることに
気づく感じです



子どもの為に
と思って
何ができるかを考えて
療育を開始したり
リハビリを開始したり
少しづつ他のママ達と
会うようになってくると
こんなに沢山ダウン症の子ども達が
いるんだと
安心できます


人それぞれ、思い方や考え方も
違うけど
ダウン症という
告知を受けた日から
暫くは
どう考えていいのかわからず
どん底に落ちた気分がします


でも、考えようによってが
それ以上に
落ちる事はないので
後は上昇するだけなので
今思うと
死への準備までできて
よかったと思います



人間誰しも
死ぬのに
日頃は意識しないで
明日も明後日も
あると思ってますけど
同じ日は二度とないし
みんな死に向かって
進んでいるのです




岳は産まれてから
沢山の事を
考えるきっかけを
くれています

今も、考える事は
まだまだあるけれど
最初に思った不安などは
減りました


何故なら、不安は
わからないからおきるので
何が不安なのかを
突き止めたら
次は情報収集することで
不安は解消させるのですから。。。




でも、自問自答するのは
とても大事なことです
自分が思ってた
普通というカテゴリーや
人と違うということを
考える事で
世界感がかわってくるので。。。



現在、告知後まもなく
落ち込んでいる方も
時間が解決することに
なるので
無理やり前向きに
と考えずに今自分が

なにをどう感じているのか?
自問自答して
世界感を
拡げていくきっかけに
してください


毎日を大事に
子どもと向き合って
過ごすこと
笑って過ごすことで
自分も明るくなれますよ




















by wanwanharuumi | 2018-11-06 13:03 | ダウン症 | Comments(0)