自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2018年 10月 18日 ( 2 )

入院中に自己承認を
あげるには???
と思って
色んな人のブログ
みました


そもそも最初の入院時に
沢山の罪悪感を感じてました


私だけ入院して。。。
子どもに迷惑かけて。。。
家族にも迷惑。。。



と思ってましたけど
そんなざわざわも
日数が伸びると
だんだん
感じなくなってきてました


味わい切ったという
感じでしょうか



そして
この自己承認において

みつけたのが
またまたミユさんの秘行

自分のことを
ただ眺める、見つめる



しかし
沢山のブログを
見ていたせいか

ただ眺めるだけではなく
自分で自分に突っ込みを
いれながら
どんどん先に先に
行ってしまうのでした



今の自分をゆっくりと
ゆったりした気分で
眺めていると


○○して欲しいと
主人に思ってたのは



寂しい。。。
同じ思いを共有して。。。
わかってほしい。。。
私も好きな事したいのに。。。



色々でてきたけど
よくよく考えると

父に対して
小さいときに思っていたこと
そして、言えなかった事でした


両親が共働きで
生後半年から
母方のお祖母ちゃんに
育てられた私は
小学校にあがるまで
日中はおばあちゃん宅で
育ちました


とても可愛がって
貰い幼稚園は
おばあちゃんの送り迎えで
おばあちゃんの家の
近くに通いました


小さい頃
父はとても怖くて
怒られて泣くと


泣き止め!!!

と怒られ


10数える間に泣き止め

と言われて
その数も年々短く
なっていき。。

その時我慢してた思い


泣きたかったのに
なんで泣かせてくれなかったの。。。


とか小さい頃の思いが
溢れてきました

父なりの方法で
大事にしてくれたことは
充分に知っているのですが
受け止めてもらえなかった
という思いが
とても強かったみたいです

その思いは
過去の一つ一つの
出来事に対して
やってきて。。

その一つずつが
どんどんさかのぼって
自分が小学校に
上がる前位まで
さかのぼっていったのです


ひらがなを
覚える時
なかなか上手にかけずに
椅子に座って
かいていたけど
うまくできなくて
泣きながらやっていたこととか。。。


でもそのスピードが
あっという間で
どんどんどんどん
停めようと
思っても流れていくって
感じでした

一人泣きながら
でもさらに
その思いを眺めていると


突然
辛かったよね
泣きたかったね
でもずっと見てたよ

と自分自身が優しく
小さいときの
自分を抱きしめてくれました


本当に
私って
自分の事
ほっといたんだ~!!!!!

ていう突っ込みと
その抱きしめてもらった
安堵感で


またまた涙!!!!
しばらく
その安堵感に包まれて
ぼ~っとしていると


自分がなんで泣いているのか
わからなくなるほど


そして
しばらく抱きしめていると
小さな(小学生位)自分が
大きく成長していました



そんな感覚を味わいなから
自分の味方の自分が
いる事に
いた事に
気づかなかった。。。


いつも見てくれてる
大事に見守ってくれてる
自分が居たんだ~
大丈夫だよ~

という思いに包まれました




自分の事は
ずっと後回し

子どもに
必死で向き合って
空いた時には
主人によかれと
思ってやってきて

疲れ切って
小さくなった自分に
やっと
気づいてしまったのです


大事に
大事にしてあげたいな~
という思いでいっぱいになり


気がつくと
自分の足を撫でて
さすっている自分がいました


小さなことだけど
自分が気にいる事を
ひとつづつ
してあげよう!!
ていう気になりました


だから
手抜きをせず
お気に入りのお茶を選んで
お気に入りの香りをつけて
お気に入りの服をきて


全てなんとなくではなく
お気に入りを沢山
作ろうと
思ってます



そして
いつもいつも
ご機嫌でいられるように



主人が最近
ご機嫌でいて下さい!!


と言っていたので
このキーワードかっ!!!



と驚くのですが




怒涛のような
感情の波に
この数日
襲われ
今は洪水がひいたように

静寂を保った自分がいます




まだまだ
自己承認が足りてない事も
あるけど
充電の仕方がわかったし


ご機嫌に過ごせる
気がしています

ひとつ
成長して
殻を抜けたかな?
そんな感じです




by wanwanharuumi | 2018-10-18 09:09 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)
朝起きると
だいぶ痛みは和らいでいます

まだ、朝からの
喉のカラカラした感じと
風邪の引き始めのような
痛みはあるけど
術後の痛みという
意味では
かなり楽になりました



朝から喉を覗くと
口が大きく開かないけど
かさぶたがかなり減り
白いというより
ピンクの部分も
ちらほら


だいぶ、通常に戻ってきました
よかった~(*´Д`)



朝ごはんは
相変わらずヨーグルト

あまりにも
お粥が食べられないので
お昼から
冷たいにゅう麺に
変更してもらいました


にゅう麺にすると
かなり食べやすく
お昼はしっかり食べる
ことができました


食欲もでてきて
退院したら
何食べようかな??
と楽しくなってきました


夜は
入院して初めて
完食!!!


全て食べれました


しっかり、噛んで
食べるのは必須ですが
痛みもなく
少し硬くても
食べれるのでは?
と思えるほどに


しかし
かさぶたが剥げたとはいえ
まだまだピンクの部分も
傷つきらすいので
無理は禁物


お昼からの
シャワーも出血が
ないのは確認しつつ
早めにあがろうではなく
しっかり浴びて
ちゃんと気持ちよかった!!
と満足できる状態になりました



長かった。。。
出血を恐れて
シャワーやお風呂も
手短に済ませていたので
この充分に
という感覚が嬉しいです




チビッ子達も
二人とも
元気に過ごしているみたいで
発熱もなく
安心しています



21時前に先生に来てもらって
無事明日は退院できそうなので
よかった~




なんと、当初の予定から
1週間も病院で
安静にしてました


安静って
ただ病院にいるなら
帰ったほうがいいじゃん
と思いがちですが
必要な安静が
家で保てないのなら
病院にいる事も大事なのだと
今回身をもって
実感しました


子どもや家族も大事だけど
自分が元気でなきゃ
家族のお世話には
限界がくること
本当に勉強になりました





by wanwanharuumi | 2018-10-18 08:59 | 自分自身の愛し方 | Comments(0)