自分と家族の愛し方 sora1281.exblog.jp

自分と家族に安心を! ダウン症をもつ家族に安心して育児ができる情報を提供【安心育児ファミリーサポート】 たるみ解消リフトアップで、子育て中のママに安心と元気を提供します。


by はるうみ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

2018年 11月 02日 ( 1 )

岳、卒業

熊本地震でまだまだ
揺れていた28年の5月

岳は8か月になった頃に
託麻台病院のリハビリに
通い始めました



初めて受診した日は
地震で揺れて
ドキドキしながら
先生の話を聞いたのを
思い出します

f0369637_23221102.jpg


今日は
なんと運動面を支えて
安定した歩行が
できるまでになった
理学療法の卒業と
なりました



階段の上り下りを
安定してできるように
なったことが
卒業のポイントでした

f0369637_23224693.jpg

行き始めた時は8か月
まだ、寝返りも
完全にすることができない
本当に赤ちゃんの状態でした

f0369637_23232893.jpg

自分で座ることが
できないので
台に持たれるようにして
座るという事を
習ったりしました

f0369637_23241401.jpg


それから、あっという間の
2年半!!


階段を自分で
登り降りできるまでに
成長したことを
振り返ると
凄まじい成長を
遂げたな~と
感慨深くなります

f0369637_23250655.jpg


健常児では
あっという間にできることが
時間をかけ
一つ一つの動作や動きを
教えていくと
割と早く習得できるように
なっていくので
リハビリは大事ですね


そして
岳はそもそも、動きたいという
意欲があったので
成長も早かった気がします


現在、下の子の幸也が
歩けるようになって
岳と同じように
階段を上り下りしようと
しているので
恐ろしく成長スピードが
早く感じます


そして
教えなくても勝手に
できるように
なっていってるので
いつの間に
できるようになったの?
と驚きますが


岳の時には
座った、つかまり立ち
一人で立った、歩いた
一つ一つが本当に記念日の
ようです



岳が産まれてすぐに
見たダウン症のママが
書かれていた漫画に
ひとつひとつが記念日
と書かれていたけど

その時は

ふ~ん
そうなんだ



と思ってましたけど
本当に記念日が沢山です



携帯の写メのアルバムを覗くと
ついつい撮ってしまった
沢山の画像で出てきます



3年間は
あっという間だった
気がしますし
親としても
必死でがむしゃらに
やってきました


岳にとって
これはいいのではないか?
と私が思う事は
かなり沢山やってきたので
現在、少し
ほっとした感じです



一段落といったところでしょうか?



理学療法は一旦終了で
新しく言語療法が始まります



これから、言葉が
でるようになってくれるのを
楽しみにリハビリを進めて
いきます




次のステップが
始まった気分です




歩くという事が
安定してできるように
なったので
ついつい運動面でも
次はジャンプとか
片足でとかまだまだ
先を望んでしまうけど
今後は
遊びの中で沢山の事を
覚えていってほしいです




主人と相談して
クリスマスプレゼントは
ストライダーにしよう!!
と早速考えてます

















by wanwanharuumi | 2018-11-02 23:26 | ダウン症 | Comments(0)